読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅんこのnext song is called?

ポップパンクとファッションと英語が好きな大学生。

考えすぎて結局何もしないなら60点でもいいからやってみる。

 

突然ですが、自分は「完璧主義者」だなと感じることはありますか?

 

完璧主義とまではいかなくても、こだわりが強い、慎重派なんて感じますか?

 

 

実際、私なんて3つすべて当てはまってしまいます(^_^;

 

服を買うときも、探しているアイテムが見つかったのに、デザイン・素材・色・価格のどれかで引っかかると買わない、なんてこともちょこちょこあります←

 

確かに、こういった こだわりが強い=妥協しない という考えのもと買い物をすると、無駄な物を買わずに済んだり、衝動買いにも強そうなのですが、すべての行動において慎重すぎると、むしろ「もったいないこと」になると思うのです。

 

 

妥協しない・こだわりが強い・慎重派のメリットとデメリット

 

まずはメリット。

  • 質の良さ

買い物だと、自分が心から納得できる商品を見つけ購入することで、質のいいものを選べることになります。

また、それゆえ愛着も強くなるのではないでしょうか。

 

  • 金銭的な「無駄」を減らせる

「セールで買ったけど着なかった服」とか「かわいいから買っちゃったけどいらなかった」とかそういう経験が減らせます!

 

逆にデメリットとは?

  • 行動を起こすまでに時間がかかる

これは実体験ですが、欲しいと思っていたライダースジャケットを買いに、ショッピングビルや店舗を一日中ハシゴし、迷った末後日購入したということがありました。

最終的に買えてよかったけど、買うのならもっと早く買っといたら時間を節約できたなと感じます。笑

 

  • 面倒すぎて結局「やらない」可能性

これ!めっちゃ私!笑

考えるのが面倒になって、本来の目的も分からなくなってついに「放置」パターンです。(..;)

 

「これでいいのか不安」「まだいいのありそう」などなど、色々吟味した末結局やらないってやつ、

これが一番「もったいない」。

 

 

「吟味する」ことは大事なプロセス

 

欲しい物をためらいなくいつでも買える人はそういないと思います。だから、自分の目的や理想と比べながら取捨選択する必要があります。

 

だけど、情報を集めるだけ集めて何もしない、それほど時間の無駄なこともないなと最近実感しました。

 

完璧な人がいないと言うように、物でも何でもパーフェクトはないと思います。

 

行動が遅い人は、「ちゃんとやりたい」「こだわりたい」「できるだけ良いものにしたい」という考えが強いからではないでしょうか。

 

 

やり始めは「60点合格」くらいでいいや

 

かくいう私も、自分が納得できる物を探しに何軒もお店を行き来するような人ですが、

実際に買う時というのは何かしらを「妥協」しました。

 

こだわりたいという要望はいつでもありますが、「一つ二つ基準を満たしていたらオッケー」と考えるようにすると、とってもラクに感じるようになりました。そりゃそうですよね。笑 

 

こだわりは大事にしつつ、やり始めは思い切ってやっちゃう精神でがんばろう。

 

今日のnext song is called?: Shut up!

今日の締めは、カナダ発ポップパンクバンド、simple plan で Shut up!